「時間がない」は言い訳!時間のない人の特徴と対処法5選! 

※当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています。
テレワーク

時間がない」は現代人の多くが抱えている悩みの一つです。

副業をするにしても、作業時間がないことにはどうしようもありません

ですが、結論を言ってしまえば、「時間がない」というのは多くの場合、ただの「言い訳」となります。

世の中の成功者をみてみると、多忙な生活の中でも自分の時間を作っている人が多いです。

私たちより忙しいであろう彼らですら自分の時間を作れているのですから、私たちにできないということはありません。

↓ 成功者の時間の作り方に興味のある人はぜひお読みください ↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

年収1億円になる人の習慣 [ 山下 誠司 ]
価格:1,650円(税込、送料無料) (2023/11/8時点)


ただ、そう言われても、どう時間を作れば良いのか分からないという人もいると思います。

そこで、この記事では時間の作り方について紹介させていただきますので、ぜひ参考にしてみてください。


この記事はこんな人におすすめ!

・いつも時間がなくて悩んでいる人
・時間はないけど、やりたいことのある人


この記事を読むことで分かること

・時間がない人の特徴
・時間がない人のやるべき対策


時間は待っているだけでは作れない

「時間がない」と言っている人は、暇になったら、やりたいことをしたいと考えています。

ですが、そういう人に限って、いつになっても自由な時間は発生しないものです。

本業で忙しいのはもちろん、たまに時間が空いても・・・。
・たまには遊びに行かないと
・疲れがたまっているから今日は休もう
・特に理由はないけど、やる気が出ない

などと、せっかく出来た時間を無駄にしてしまいます

そんなことを続けていれば、いつまで経っても副業や勉強に回せる時間は作れません。


時間がない人の特徴

時間がないと嘆いている人には、下記のような特徴があります。

・できない理由ばかり探している
・時間の無駄が多い
・気持ちが弱い
・優先順位を間違えている


できない理由ばかり探している

まず多いのが、「できない理由」ばかりつぶやいている人です。

「もっと時間がほしい」と考えていても、「忙しい」やら「仕事で疲れている」などと出来ない理由ばかりあげて、結局は行動しません。

口はよく動くのに、行動に移ることがないのです。


時間の無駄が多い

次に時間の使い方が下手なことがあげられます。

たまに時間が空いても、ダラダラと過ごしたり、スマホをいじって時間を無駄にしてしまいます

隙間時間としてよくあげられる昼休みや通勤時間も、こんな調子です。

これでは、いつまで経っても「時間はない」ままです


気持ちが弱い

「時間が出来たら良いな~~」

「もし時間があれば、アレをやりたいな~~」

とにかく気持ちが弱いです。

残念ですが、これでは時間ができないです。

多少は無理やりにでも捻出しない限り、まとまった時間を確保することは出来ません

「出来たら良い」という程度の軽い気持ちでは、隙間時間をやりたいことにあてようと思うことはないのです。


優先順位を間違えている

無駄な作業に取り組んでいるせいで、時間がなくなってしまう人です。

副業や勉強に対してやる気はあるのですが、仕事の進め方が下手なために帰宅時間が遅くなってしまい、時間がなくなってしまうのです。

与えられた仕事に対して手を抜けない「まじめな人」が陥りやすいです。

重要でない仕事や行う必要のない仕事を整理して、定時に帰れるように工夫しなければ、自分の時間を持つことはできません


時間の作り方7選

ここからは「時間がない」人たちがどうやって時間を捻出すれば良いのか、対処法を解説させていただきます。

・本気で叶えたい目標を設定する
・早寝早起き
・あらかじめ確保する
・引っ越し
・時短家電の使用
・無駄な時間の取捨選択
・スマホの電源はオフ


本気で叶えたい目標を設定する

自分が「心の底から叶えたい」と思う目標を設定してみてください

例えば、「副業したい」よりも具体的に「副業することでどういうことをしたいのか」を考えてみてください。

「本業以上の収入を稼いで会社を辞める」や「3万円稼いで赤字生活から抜け出す」などです。

目標を達成したいという気持ちが本気であれば、どんなに仕事が忙しくても、「時間を作り出そう」とするようになります


早寝早起き

仕事から帰宅したら最低限の雑用だけ済ませて、さっさと寝て早起きするのです。

朝は予定が入ることも少なく、集中しやすい時間帯です。

疲労で疲れ切った夜より、ぐっすり眠って頭がスッキリした朝に作業を行う方が効果的です。

しかも、健康にも良いので一石二鳥です。


あらかじめ確保する

前日か朝の内に、その日のスケジュールを立てて、時間を確保しておくようにしましょう。

本業の休憩時間や、電車やバスを利用している時間も、活用します。

そして、確保した時間には新しい予定を入れないようにします。

おすすめは早朝の出社前になります。

この時間帯であれば、上司や同僚から仕事や呑みの誘いがくることがなく、断る手間も省けます。


引っ越し

残業がどうしても長引いたり、通勤時間の長い人は、思い切って引っ越しを検討してみるのはいかがでしょうか。

大胆な選択かもしれませんが、会社から数分のところに住んでいれば、残業で遅くなっても素早く帰宅できます。

出社の際も、始業時間ぎりぎりまで家にいられるため、自分の時間の確保が容易になります。


時短家電の使用

ロボット掃除機や食器洗い洗浄機などの時短家電を活用します

毎日の家事に使う時間を家電に任せることで、自分の時間を捻出します

ただし、時短家電は高価なものも多いため、メルカリなどで安い中古品を探してみるのもおすすめです。


無駄な時間の取捨選択

1日のスケジュールを書き出して、無駄な予定や、削除できる予定がないかチェックしてみましょう

忙しいといっていても、予定を整理してみると、「あ、これ要らないや!」という予定が見つかったりします。

無駄が見つかったら、代わりに「自分のやりたかったこと」を入れるようにします。

他の予定が入ってこない内に、迅速に確保してしまうのです。


スマホの電源はオフ

余計な呼び出しや仕事の電話を防ぐために、プライベートではスマホはオフにしておくようにしましょう。

出勤の際にオンにして、会社を出ると同時にオフすることで余計な予定や情報が入ってこないようにするのです

業務時間外まで会社に縛られる必要はありません。

それで何か言われるようであれば、「スマホの電池が切れた」と誤魔化すと良いです。

仕事が終わったら、自分の時間のことばかり考えましょう。

現代人にはメリハリが重要です。


注意点:睡眠時間は確保する

時間がないからといって、睡眠時間を削るのはNGです。

一日だけなら大丈夫でも、毎日続けていれば身体を壊すことになります

安易に睡眠時間を削ると、日中に居眠りをしたり、仕事のパフォーマンスが落ちるなど、日常生活にも支障をきたすことになります。

時間も大事ですが、それ以上に「健康」を最優先に考えましょう!


仕事が忙しくて、本当に時間がないという人は・・・

ですが、中には「どうしても」時間がないという人もいるかもしれません。

実際、過労死につながるほど過酷な労働を強いる残念なブラック企業も、世の中には存在します。

そのような企業で働いていると、自分の時間どころか人生まで危うくなる可能性があります。

覚悟が必要ですが、「転職」を考えてみることをおすすめします。

ホワイト企業への転職が成功すれば、わざわざ時間の確保を試みなくても、自由な時間ができるようになります。

環境を変えることは、人生を確実に変化させる有効な手段の一つですので、ぜひ検討してみてください。


まとめ

以上が「「時間がない」は言い訳!行動しない人の特徴と時間を作る方法7選」の内容となります。

結局のところ、時間を作れるかどうかは、あなたのやる気次第になります。

まずは、少し無理をしてでも時間を確保するところから始めてみましょう

最初は窮屈に感じるかもしれませんが、3ヶ月も続けていれば慣れてきます。

そうして確保した時間で、是非あなたの目標を達成してください。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この話以外にも定期的に投稿していますので、またお読みになっていただけますと嬉しいです!

引き続きよろしくお願いします。

「こんなことで悩んでいる、これについて教えてほしい」などの悩みや疑問・質問などご自由に「お問い合わせ」より投稿してください。

お問い合わせ

タイトルとURLをコピーしました